令第3条に規定する使用人とは

なんだか聞きなれない言葉ですよね。

令第3条に規定する使用人

建設業許可を受けた建設業者が「主たる営業所」とは別に、「従たる営業所」を設置する場合には、この営業所での工事の契約締結を行う名義人として、この令第3条の使用人を届け出る必要があります。
会社の代表権者から見積り、入札参加、契約締結などの委任を受けた、営業所の長、つまり支店長、営業所長などのことです。
その人の事を建設業法施行令第3条に規定する使用人といいます。

この「令第3条に規定する使用人」として届けられた期間が5年あれば、経営業務の管理責任者になることができます。
ですから役員でなくても経営業務の管理責任者になれます。

なお、欠格要件に該当する者はなることができませんので、申請の際にはこれを証明するために、登記されていないことの証明書、身分証明書などを提出しなければなりません。

過去に役員としての経験がなかったとしても、もしかすると許可業者での支店長や営業所長などの令3条の使用人としての経験があるかもしれません。ご自身でも「令第3条に規定する使用人」であるという事を認識していない場合があります。ご自身の経歴を一度よく確認してみて下さい。

建設業許可で一番難しいとされている要件である「経営業務の管理責任者」になれる可能性があります。

建設業許可取得をお考え中の方、まずは無料相談をご利用下さい。

建設業許可申請は自分でやると、割が合いません!許認可の中でも難しいと言われているものですので、初めての方が申請しても、まず一度ですんなり受付されません。
なぜかというと、要件や確認書類が複雑で、とても理解しにくいものだからです。
ただ真面目に建設業をやられている業者さんなら、すぐには無理でも、必ず建設業許可は取れます。
それには、正しい知識、書類の保存管理がとても重要です。
当事務所では、建設業許可取得についての最初のご相談は無料ですので、お気軽にご予約下さい。すぐ取りたいという場合でなくても大丈夫です。
お電話で無料の面談相談をご予約下さい。