指定建設業7業種

下記の7業種に関しては、指定建設業とされ、他の業種に比べて総合的な施工技術を必要とする事や社会的責任が大きい事などから、特定建設業の許可を申請する際の、専任技術者は、一級の国家資格者、技術士の資格者又は国土交通大臣が認定した方に限られます。

  1. 土木一式工事業
  2. 建築一式工事業
  3. 電気工事業
  4. 管工事業
  5. 鋼構造物工事業
  6. 舗装工事業
  7. 造園工事業


したがって、特定建設業許可の場合、実務経験では専任技術者になることはできないという事になります。

建設業許可取得をお考え中の方、まずは無料相談をご利用下さい。

建設業許可申請は自分でやると、割が合いません!許認可の中でも難しいと言われているものですので、初めての方が申請しても、まず一度ですんなり受付されません。
なぜかというと、要件や確認書類が複雑で、とても理解しにくいものだからです。
ただ真面目に建設業をやられている業者さんなら、すぐには無理でも、必ず建設業許可は取れます。
それには、正しい知識、書類の保存管理がとても重要です。
当事務所では、建設業許可取得についての最初のご相談は無料ですので、お気軽にご予約下さい。すぐ取りたいという場合でなくても大丈夫です。
お電話で無料の面談相談をご予約下さい。