法人で取るか個人で取るか

建設業の許可を取得するには法人、個人を問いません。
法人には、株式会社、有限会社、合同会社、合資会社、協同組合、事業組合などが含まれます。
いずれの形態であっても許可を受けることはできるのです。

ただし、注意が必要なのは、個人事業主として建設業許可を取得した場合、その許可は事業主に帰属するという点です。
個人事業主で建設業許可を取得した場合は、事業主がお亡くなりになったりすると原則、許可は失効してしまうのです。

また、個人で取得した建設業許可は、株式会社などの法人を設立した際も許可番号をそのまま引き継ぐことはできません。
あくまで個人に帰属するものですので法人にそのまま移行することはできないのです。

個人事業主として許可を受けた後に、法人なりをする場合は、個人で受けた許可は一旦廃業し、新たに設立した法人で改めて許可を受ける必要が出てきます。

個人で事業を始め、業務を拡大するために法人を設立、建設業許可の取得も考える場合、まず法人を設立し、その後、建設業許可の申請をするという手順でおこなわなければならないので注意してください。

事業を拡大して、後継者に事業を引き継いでいきたいというような場合は、法人を設立して建設業許可を取得することをおすすめします。

建設業許可取得をお考え中の方、まずは無料相談をご利用下さい。

建設業許可申請は自分でやると、割が合いません!許認可の中でも難しいと言われているものですので、初めての方が申請しても、まず一度ですんなり受付されません。
なぜかというと、要件や確認書類が複雑で、とても理解しにくいものだからです。
ただ真面目に建設業をやられている業者さんなら、すぐには無理でも、必ず建設業許可は取れます。
それには、正しい知識、書類の保存管理がとても重要です。
当事務所では、建設業許可取得についての最初のご相談は無料ですので、お気軽にご予約下さい。すぐ取りたいという場合でなくても大丈夫です。
お電話で無料の面談相談をご予約下さい。