特定建設業許可を取るには、一般建設業許可の要件にさらに次の財産的基礎要件が加わります。

特定建設業許可の財産的基礎要件 (すべてに該当すること)

欠損の額が資本金の20%を超えないこと。

【法人の場合】当期未処理損失-(資本準備金+利益準備金+任意積立金計)/資本金× 100 ≦ 20%
【個人の場合】事業主損失 + 事業主借勘定 - 事業主貸勘定 / 期首資本金× 100 ≦ 20%

流動比率が75%以上であること。

【法人・個人ともに】流動資産合計 / 流動負債合計 × 100 ≧ 75%

資本金が、2000万円以上あること。

【法人の場合】資本金 ≧ 2,000万円
【個人の場合】期首資本金 ≧ 2,000万円

自己資本が、4000万円以上あること。

【法人の場合】純資産合計 ≧ 4,000万円
【個人の場合】資本合計 ≧ 4,000万円

一般から特定へ許可替えする際には申請時期に注意して下さい。
特定建設業許可の要件の1つである「財産的基礎」の要件は申請時直近の確定した決算において、すべてを満たしている必要があります。