なんだか聞きなれない言葉ですが、許可を受けた建設業者が本店とは別に、従たる営業所を設置する場合には、そこで契約を締結するには、一定の権限を与えられた支配人、支店長、又は営業所長を置かなければなりません。

その人の事を「建設業法施行令第3条に規定する使用人」といいます。

この「令第3条に規定する使用人」として届けられた期間が5年あれば、経営業務の管理責任者になることができます。

ですから役員でなくても経営業務の管理責任者になれます。

営業所の所長をやっていても、「令第3条に規定する使用人」であるという事をご本人も認識していない場合があります。ご自身の経歴を一度よく確認してみて下さい。建設業許可で一番難しいとされている要件である「経営業務の管理責任者」になれる可能性があります。