サービスの流れ

建設業許可の無料相談について

建設業許可は書面審査です。たとえ実際にまじめに建設業を営んできたとしても、請求書の書き方1つで、許可が取得ができないといった事も実際あります。
最初に専門家に相談して注意事項を知っていたら、5年後に許可は取れたはずなのに・・・。
是非早い段階でご相談いただけたらと思います。
当事務所にお越し頂いてのご相談は無料です。駐車場完備です、是非ご利用下さい。

お電話かメールフォームからお問い合わせ下さい。その際に面談の日時をご予約下さい。当事務所にお越し頂いてのご相談は無料です。出張相談の場合は、有料となります。


お話をお伺いして、許可取得の可能性を無料診断いたします。この時点で、お見積りを提示させていただきます。建設業許可の要件について、また求められる確認書類がどんなものなのかを資料をお渡ししてご説明いたします。
すぐに調査に入られる事をご希望のお客様には、委任状にご印鑑をいただきます。


業務着手はご入金確認後になります。報酬額と役所に支払う許可手数料(知事9万円)を指定の口座にお振込下さい。

幣所が指定する要件が確認できる書類を揃えて頂きます。


要件等の調査の結果をご報告いたします。

  • 許可申請できそうな場合
    そのまま申請書類の作成に入らせていただきます。
  • この時点では申請できない場合
    今後どのようにしたら許可取得の可能性があるのかを、ご説明させていただきます。その際に取得した証明書類をお渡しします。
    報酬から調査費として3万円、証明書類等取得実費、振込み手数料を差し引きご返金いたします。そして今後どのようにして申請の時期を待てばいいか、書類の保管等についてもアドバイスさせていただきます。
    時期が来て、当事務所にて申請ご依頼時には、報酬から調査費の3万円を差引きご依頼いただけます。


さらに必要な書類を揃えて頂きます。


申請書類を作成します。


作成書類への押印をお願いします。その際に書類取得にかかった実費を精算致します。


申請書類の提出・収受
静岡県庁の建設業課で窓口審査で書類が細かくチェックされます。ここで補正できるものは補正いたします。受付OKが出てはじめて申請書類に許可手数料分の県証紙を貼り、窓口に提出いたします。受付が完了すると静岡県の収受印が押印された受付票が出ます。
その後、建設業課での内部審査、警察での確認でも問題が無ければ無事に許可がおります。申請日にもよりますが、知事許可の場合約30日が標準処理期間です。


許可がおりると、建設業課から申請書副本(申請者控)と許可証が、お客様に直接郵送されます。許可証が届いたら幣所にFAXして下さい。


お客様から届いた許可証FAXに基づき、今後の期日管理をします。
5年後の更新、毎年の決算変更届のご案内メールを送らせていただきます。



←「」前の記事へ 

メール

メール受付は365日24時間

電話
054-374-4811
電話受付:平日9:00~18:00

Copyright(c) 2011 行政書士 杉山夏子事務所 All Rights Reserved.
相互リンク