社会保険加入業者には、とても気になる事柄のようで、この質問はとても多いです。

平成24年11月1日から、建設業許可(更新を含む。)申請書類に、保険の加入状況を記載した書面が追加されました。
しかし、建設業許可の要件として社会保険・厚生年金、労働保険の加入が求められているわけではありません。

現時点では、保険の加入状況の書類に未加入との記載があっても、社会保険加入は許可取得の必須要件ではないので、取得はできます。 現に未加入業者の許可はおりています。

でも許可取得後にいずれ加入せざるえないような状況になるようです。

どのような対応になるのかというと、許可通知を出すのとは別に、現在では年金事務所やハローワークなどの担当局に建設業課から通報するそうです。ですので、必ず担当行政から加入するように指導があるようです。

社会保険は法人であれば無条件で加入ですし、個人事業主でも従事者が常時5人以上いれば加入というのが決められています。零細業者にとって保険料をどうやって負担していくかなど状況は厳しいですが、許可業者は今後スムーズに加入するということが求められていきます。

また、数年後には社会保険加入が許可の要件として加わるのではないかと見られています。