建設業許可業者の経営者様は、後継者について考慮されていますか?

当分は、自分が元気だから大丈夫だと思っていらっしゃるかもしれませんが、不測の事態は誰にも予期はできません。

建設業許可の必須要件である、「経営業務管理責任者」はすぐになれるものではありません。

現在のところ、経営業務に関する経験を積むしか方法がないので、決められた年数の経過が必要となります。(5年以上または6年以上)。
ですから法人の場合には、将来的に「経営業務管理責任者」にする予定の方を、早めに常勤の取締役にしておく必要があります。
それでも5年または6年以上の時間の経過が必要になるのですから早めの準備をしておくにこした事はありません。


「専任技術者」については、他の常勤の従業員に資格を取らせておくか、これまでその建設業種の工事に携わった経験を証明できる状態にしておくなどの対策が必要になります。

また個人で許可を取っている方は後継者に建設業を譲る場合、許可番号は継承されませんが、後継者の方が新規で建設業許可を取りなおすことになります。

新規の許可をとるために必要な「経営業務管理責任者」の要件を満たすには、5年以上または6年以上の経営経験が必要ですし、「専任技術者」の要件を満たすには、要件である必要資格取得か10年以上の実務経験が必要となります。予め準備をしておかないとスムーズな事業承継はできません。


 

せっかく苦労して取った許可です、スムーズに事業を継いでもらえるように、そのためにはどのような準備が必要かなど、個々のケースにあったアドバイスをさせていただきますのでご相談いただけたらと思います。