経審の評点

評点とは?

経審では経営規模、経営状況、技術力、社会性等の項目を総合的に判断して総合評定値を算出します。この総合評定値をP点と言います。
P点は以下の式で算出されます。

総合評定値(P)=X1×0.25+X2×0.15+Y×0.20+Z×0.25+W×0.15

X1、X2、Y、Z、Wが経営規模、経営状況、技術力、社会性等の項目を点数付けしたものになります。

X1:経営規模

X1は経営規模を年間平均完成工事高で評価するものです。
建設業では工期の長い工事に携わる場合に、完成年は大きな売上があがり、その前年は未成工事であったために売上が少ないなどという事情がある場合も考慮し、完成工事高を2年平均か3年平均で選択できるようになっています。

X1は工事種別ごとの年間平均完成工事高をもとに算出します。

X2:経営規模

X2は自己資本額と平均利益額の2つで算出されます。

自己資本額はX1その決算期の数字をそのまま使うか、2期平均の数字を使うか選択できます。

平均利益額は必ず2期平均となります。
ここでいう利益額とは営業利益+減価償却実施額で計算します。

Y:経営状況

Yは決算書をもとに財務的な経営状況を点数化したものです。
国土交通大臣の登録を受けた民間の分析機関で「経営状況分析」を受けます。この分析結果は経審の時に提出しなければなりません。
その数字によって点数が決まります。

Z:技術力

Z評点は技術職員数と元請完成工事高で算出します。

技術職員数

工種ごとに在籍する技術職員を下表のように点数付けし合計します。

 

 
技術者1名あたりの点数
1級技術者 基幹技能者 2級技術者 その他
監理技術者資格者証保有かつ監理技術者講習受講 左記以外
6点 5点 3点 2点 1点

※「その他」とは10年の実務経験者

←「」前の記事へ 

メール

メール受付は365日24時間

電話
054-374-4811
電話受付:平日9:00~18:00

Copyright(c) 2011 行政書士 杉山夏子事務所 All Rights Reserved.
相互リンク